スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    はじめに

    ニュースなど過去記事をまとめアップしていきます。
    スポンサーサイト

    テーマ : アイヌ関連
    ジャンル : 地域情報

    道 会計調査は「適切」

    2010年11月5日道新(朝刊)参照

    道、会計調査は「適切」

    アイヌ協会の返還一部拒否で


     道は4日の道議会環境生活委員会で、北海道アイヌ協会札幌支部(阿部一司支部長)が道から求められている助成金の返還を一部拒否していることに関し、「道の調査は適切だった」と述べ、引き続き全額返還を求めて行く考えを示した。自民党・道民会議の北原秀一郎氏(紋別市)の質問に答えた。
     道の調査によると、同支部が2007年度から09年度までに行なった文化交流事業で、講師に謝礼金が支払われていないなどの事例が発覚。
     道が同支部に不適切な会計処理にあたる約38万円の返還を求めていたが、同支部はこのうち約20万円は適切な支出だとして10月下旬に返還拒否していた。
     また、道はアイヌ協会のこのほかの不適切な会計処理総額が約1380万円に上り、このうち約1344万円が返還済みであることを報告した。

    テーマ : アイヌ関連
    ジャンル : 地域情報

    北海道アイヌ協会、道の公費返還請求を一部拒否

     公費助成を受けた北海道アイヌ協会2件の文化伝承事業をめぐり不適切な会計処理が指摘されている問題で、同協会札幌支部(阿部一司支部長)は29日、道から返還2件を求められている約38万円のうち、「約20万円については適切な支出だった」とし、返還を拒否する考えを明らかにした。

     道によると、同支部が2007年度から09年度までに行った「子供の集い」などの文化交流事業で、講師らに交通費や謝礼金が支払われていない事例が見つかったという。この事業にはアイヌ文化振興・研究推進機構(札幌)を通して、道費と国費が支出されていた。

     この日、道庁で記者会見した同支部の多原良子事務局次長は「約20万円については領収書が不要なもの以外の領収書はあり、適切に使用されている」と主張。残る約18万円については謝礼金として報告しながら「バス代や飲食代に充てていた」として、同日、同機構に返還した。

    2010/10/30 07:10 道新webより

    テーマ : アイヌ関連
    ジャンル : 地域情報

    支部長ら12人アイヌ協処分

    平成22年9月27日

    不適切会計問題

     北海道アイヌ協会(加藤忠理事長)は26日、札幌市内で理事会を開き、道費を支出した助成事業などで不適切な会計処理が指摘された同協会の支部長ら12人に対し、文書で厳重注意とするなどの処分を決めた。
     同協会がかかわる文化伝承事業などをめぐっては、道や道教委の調査で不適切な事案が見つかり、道は約1100万円の返還を求めている。同協会は不祥事の全容がほぼ明らかになったとして、処分を決めた。
     厳重処分は、札幌、旭川、三石、千歳、新ひだか、白老、帯広の7支部長。網走、美幌、厚岸、紋別の4支部長と釧路地区支部連合会の代表については既に理事を解任された全釧路支部長の強い関与があったとして、注意処分にとどめた。事務作業を担当した同協会事務局の職員2人を減給10%1ヶ月、1人を5%2ヶ月とした。
     また、道から返還を求められている約1100万円について、同協会が全額返還する方針も決めた。加藤理事長は理事会後、記者団に「社会的信頼回復に向け改善策に取り組んでいきたい」と述べた。

    テーマ : アイヌ関連
    ジャンル : 地域情報

    アイヌ政策に対する道議会での知事答弁2010年9月17日


    テーマ : アイヌ関連
    ジャンル : 地域情報

    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。